「ブレンディ」フォーミー インスタントコーヒーが苦み強めで美味しかった。

つい最近コンビニへ行きました。

特に欲しいものがなかったのですが、「そういえばインスタントコーヒーが無くなりそう・・・」と思い出し、ブレンディのインスタントコーヒーを購入しました。

詳細や飲んだ感想について紹介したいと思います。

ブレンディ フォーミー インスタントコーヒーの詳細

まずは詳細。

AGF ブレンディ フォーミー インスタントコーヒー 11本入
  • メーカー:AGF
  • 商品名:「ブレンディ」フォーミー インスタントコーヒー
  • 価格:コンビニで189円(軽減税率対象)
  • 原材料名:コーヒー豆
  • 生豆生産国:ベトナム、コロンビア、他
  • 内容量:22g(2g×11本)
  • 備考:国産、甘さなし(ブラック)

  • 栄養成分表示(1杯分(2g)当たり)
  • エネルギー:7kcal
  • たんぱく質:0.4g
  • 脂質:0.004~0.04g
  • 炭水化物:1.3g
  • 食塩相当量:0.0002~0.0022g
  • カフェイン:50~110㎎
  • ポリフェノール:410ml

「ブレンディ」フォーミー インスタントコーヒーの感想

ブレンディ フォーミー スティック

粉の状態では、香ばしくて良い香り

粉は良い香りがします。

苦み系の香ばしい香りを嗅いだ時「良い香り!」とテンションが上がってしまいました。

つい最近まで、UCC「ザ・ブレンド 114」ダイソーのエジプト製インスタントコーヒーを飲んでいました。

UCCもダイソーも味はそんなに悪くはないのですが、粉の香りは微妙だったので、この香りは嬉しかったです。

140~160mlのお湯で作るのがおすすめ

AGFのインスタントは作る際のお湯の量が140~180mlと幅が広いのですが、180mlぐらいで作ると薄く感じました。

140~160mlぐらいで作るのがおすすめです。

酸味はほとんどない

ブレンディ インスタントコーヒー

味は香り通りの、苦み系

苦み9:酸味1ぐらいの割合です。飲んでいて気づかない、最後の1口でやっと感じる程度の酸味しかありません。

酸味が苦手な場合だけでなく、苦みが強く酸味がないのでカフェオレなどを作る際にもおすすめです。

ブレンディ 「フォーミー」って何?違いは?期間限定?

このブレンディのコーヒーは名称やパッケージ、スティックの袋にも「フォーミー(for me)」と書いてあります。

「ブレンディ」フォーミー インスタントコーヒー

通常の緑色のブレンディとはどう違うのか?という疑問が生じました。公式サイトでは「フォーミー」の個別の商品ページはありませんでした。

Amazonで購入可能なブレンディのインスタントコーヒーの100本入り(スティックタイプ)詰め替え用210gと比較しました。

スティックタイプ100本入りと210g詰め替え用と今回のフォーミーは、生豆生産国や味わいチャートに違いがないので、中身は同じものと考えられます。

「ブレンディ」フォーミー インスタントコーヒー 味わいチャート

100本入りや詰め替え用は大人数でシェアするものですが、11本入りスティックタイプだと1人分しかないなので1人用=「フォーミー」と名付けたのでしょう。

正直「パーソナルタイプ」とかの方がわかりやすいと思います。中のスティックにも「for me」と書いてあるので、特別版かとさらに勘違いしてしまいました・・・。

別れが確実にやってくる期間限定の場合、また飲みたくても飲めない

何故こんな疑問を持ったのかというと、ちょっと美味しかったからです。

もしも「また飲みたい!」と思っても、期間限定なら諦めざる負えません。

余談ですが、過去にコンビニでリプトンの抹茶ラテ(500ml)が売っていました。

美味しかったので、ちょくちょく買っていましたが、出会いから少し経って、店頭から消えてしまいました・・・。

どうやら期間限定だったようです。

このような期間限定故の商品、別れが確実にやってくる商品を知らずに愛してしまうと、地味につらい思いをします。

なので、無駄な希望を持たないために最初からその辺をハッキリさせておきたかったのです。

幸い期間限定じゃないので、また飲みたくなっても問題なく購入できますね。

スポンサーリンク

コメント