ダイソーのインスタントコーヒーはまずい?そんなに悪くないです。

ダイソーは便利なので利用している方も多いと思います。

日用品、文房具、スマホ、PCグッズ、収納用品、化粧品やDIYの工具・・・なんでもあります。

ただ、そんなダイソーでも中々手を出しにくいものがあります。

それは口に入れる食品です。

有名なメーカーの食品なら問題ありませんが、謎の輸入食品などもあります。そこがダイソーの面白いところですが、うーん・・・興味があっても手を出しにくいですよね。

今回の記事では、長年気になっていたダイソーのエジプト製インスタントコーヒーを購入したので紹介したいと思います。

ダイソーのエジプト製インスタントコーヒーを飲む前に

ダイソーインスタントコーヒーを飲む前に色々紹介したいと思います。

まずパッケージを見ると日本のインスタントコーヒーのパッケージとは違う、素朴で飾らない感じがします。なんだか新鮮です。

ダイソー インスタントコーヒー(エジプト製)

ダイソーのインスタントコーヒー(エジプト製)の詳細

  • 商品名:ライジングインスタントコーヒー
  • 場所:食品/飲料コーナー(他にはパックの緑茶などが置いてある)
  • 価格:100円(税抜き)
  • 内容量:50g
  • 原産国:エジプト
  • 原材料名:コーヒー豆
  • 生豆生産国:コートジボアール、カメルーン、ケニア等
  • 輸入社:朝日商事株式会社
  • 賞味期限:2019年12月購入品/2021年7月28日(ビン底に表記)

ちなみに軽減税率対象です。

生豆産地が珍しい

ダイソーのインスタントコーヒーは豆の産地がすべてアフリカなので、とても珍しいです。

  • コートジボアール
  • カメルーン
  • ケニア等
ダイソー インスタントコーヒー 詳細

アルミの中フタあり

黒い外フタを開けると湿気対策としてアルミ製?の中フタがあります。

日本製のインスタントと同じです。

中フタ

パウダー状のスプレードライ

製造方法はクリスタル状のフリーズドライではなく、パウダー状のスプレードライです。

ダイソー インスタントコーヒーはパウダー状のスプレードライ

香りは甘いキャラメルのような香りがして、日本のフリーズドライのインスタントコーヒーとは全然違います。

ダイソーのエジプト製インスタントコーヒーを飲んだ感想

作り方に関しては特に書いてありません。

薄くなるのも嫌なので、濃い目に作りました。

  • 粉の量:ティースプーン1杯+半分
  • お湯の量:120mlほど

香りは微妙、味は問題ない

最初お湯を注いだ時の香りを嗅いだ時「失敗した」と思いました。

独特な香り。甘いような酸っぱいような、この香りは苦手です。その後お湯で完全に溶けたら、香りは気にならなくなりました。

味に関しては苦み普通で、酸味は少しあります。違和感なく普通に飲めました。

濃い目に作ったのが良かったのかもしれません。

まとめ:ダイソーインスタントコーヒーは、普段と違う異国情緒を楽しめる

紹介してきたように、産地がコートジボアール、カメルーン、ケニアで、生産国がエジプトと、オールアフリカです。

珍しい外国製のインスタントコーヒーなので、少しだけ異国情緒を楽しめます。

普段飲んでいる日本製インスタントコーヒーとの違いを感じながら飲むのも面白いですね。

興味のある方は是非どうぞ。

スポンサーリンク

コメント