タニタのクッキングスケール「KJ-213」は2kgまで量れてシンプルで使いやすい

過去にタニタのクッキングスケールKJ-114とKJ-213の違いを比較した記事を書きました。

その後にKJ-213を購入し、一ヵ月ほど使用したのでレビューします。機能も最小限で使いやすいのでおすすめです。

タニタ「KJ-213」の詳細(付属品、大きさ、機能)

購入した色はココナッツホワイトです。

タニタ デジタルクッキングスケール KJ-213
タニタ デジタルクッキングスケール KJ-213 裏面

KJ-114とKJ-213だとKJ-213の方が値段が少し高いです。しかし、何故少し値段の高い方を選んだのかと言うと、

  • 細かく量る必要性がないこと(KJ-114は最小0.5g単位、KJ-213は最小1g単位)
  • 最大1kgまでしか量れないKJ-114を買ったら、1kg以上のものを量るときに後悔することが簡単に想像できた

この2点からKJ-114より少し高いKJ-213を選びました。

KJ-213の付属品、単4電池つき

KJ-213の付属品

付属品は、本体、確認用単4電池2本、説明書兼保証書、WEBアンケートのログイン用パスワード。

たまに電池が付属していない電化製品などありますが、確認用の単4電池(2本)がちゃんと付属しています。

保証はお買い上げ日より1年

保証期間はお買い上げ日より1年

KJ-114/KJ-213の保証書

KJ-213の大きさ、重さ

KJ-213の大きさ、寸法

大きさは120㎜×170mm×27㎜で軽量皿は120㎜×120㎜、重さは約205g(乾電池含む)

文庫本と同じぐらいの大きさなので、ちょっとした隙間に収めることが出来て、無駄な空間を有効活用できるようになります。

フック穴があるので、場所を選ばない

S字フックやヒモを通して吊るすことができるフック穴があり、場所を選ばずに収納できます。大きさは横17㎜高さ9㎜ぐらい。

KJ-213のフック穴の大きさ

無印良品のアルミS字フック(大)を通してみました。

KJ-213に無印良品アルミS字フック(大)を通した画像

オートパワーオフ機能つきだから、電池の切り忘れを防止できる

KJ-213にはオートパワーオフ機能があります。電源の切り忘れによる電池の消費を減らせるので、電池交換の回数を減らすことができます。

KJ-213はとにかくシンプルで使いやすい

KJ-213のボタン「切」と「入/0表示」

ボタンは「電源を「切」るボタン」と「電源を「入」れるボタン(0表示兼用)」の2つだけです。

とてもシンプルなので「えーっと・・・」って悩まないです。説明書を読む必要がないほどなので、子供やお年寄りでも直感的に使い方がわかると思います。

KJ-213の計量範囲は?

最小0.5g表示

試しに小銭を量ってみました。500円玉は7g、50円玉は4gなのでちゃんと量れます。

500円玉の重さ7g
50円玉の重さ4g

10円玉は4.5gですが、1g単位でしか量れないKJ-213では5gと表示されます。2枚乗せると9gと表示されます。

5g
9g

2kgまで量れる

1206g

KJ-213は2kgまで量ることが出来ます。ノートパソコンとマウス、ACアダプタを乗せてみました。1206gで、ちゃんと1kg以上量れます

0表示のやり方

容器の重さなどを除外したい時には0表示機能が使えるので、試しにやってみます。

まずは最初に重さを除外したいものをを計量皿に乗せます。

重さを除外したいものを乗せる

次に右にある「入/0表示ボタン」を押せば、0表示になります。

「入/0表示を押す」

最後に追加で量りたいものを乗せます。

量りたいものを乗せる

【まとめ】シンプルなクッキングスケールが欲しい人にはKJ-213おすすめ

2kgまで量れて、シンプルで使いやすいクッキングスケールが欲しかったので買って良かったです。

直線的、ホワイトでミニマムな見た目も気に入っています。

スポンサーリンク

コメント