【タニタ】クッキングスケール KJ-114とKJ-213の違い【比較表】

ブログのレビュー記事を書くようになって、紹介する物の重さを量りたいと考え、デジタルスケールが必要になりました。

なるべく長く使いたいので、タニタ製のクッキングスケールを購入しようと考えました。

タニタのデジタルクッキングケールには、KJ-114とKJ-213という見た目がまったく同じモデルがあります。

見た目以外の違いについて調べてみると、KJ-114とKJ-213には明確な違いがあったので、その違いを表にまとめてみました。

KJ-114とKJ-213の違い

見た目、大きさは同じ

大きさや重さは、KJ-114、KJ-213ともに

幅約120mm高さ約27mm奥行き約170mm 乾電池を含む重さは約205g

選べる色は

  • KJ-114はココナッツホワイト、ストロベリーピンク、ブルーベリーパープルの三種類
  • KJ-213はココナッツホワイト、ストロベリーピンク、アボカドグリーンの三種類

大きさや見た目に関する大きな違いはありません。

KJ-114とKJ-213の大きな違い

この2つの大きな違いは、計量範囲と最小表示の違いです。

  • KJ-114の計量範囲は0~1000g 、最小表示が0.5g
  • KJ-213の計量範囲は0~2000g、最小表示が1g

細かく量りたい場合はKJ-114を、重いものを量りたい場合はKJ-213を選択すればいいと思います。

KJ-114、KJ-213の比較表

大きさや計量範囲だけでなくその他の機能、特徴の有無も比較表にまとめてみました。購入の際の参考になれば幸いです。

名前KJ-114KJ-213
写真
カラー
大きさ、重さ幅120mm×高さ27mm×奥行170mm 約205g(乾電池含む)
計量皿の大きさ:約幅120×奥行120mm
フック穴あり
オートパワーオフ約6分
0表示機能あり
電池の種類単4電池
計量範囲0~1000g0~2000g
最小表示0.5g1g
計量精度0gから250gまで:±1g
250gを超え1000gまで:±1.5g
0gから500gまで:±2g
500gを超え2000gまで:±3g
レビュー

追記:KJ-213を購入

KJ-213を購入しました。レビューです。

スポンサーリンク

コメント