楽天銀行の口座を解約したけど、必要になったので再開設した

過去に楽天銀行の口座を所有していたのですが、使わないからと解約しました。

6年ほどたった今後悔しています。解約した当時に比べて使い道が増えているからです。

解約する必要などなかった・・・。

そこでもう一度楽天銀行の口座開設の申し込みをしました。

楽天銀行の口座を再度開設した理由

楽天銀行を再度開設した理由は、楽天が運営するIP電話(SmartTalk)の支払いに楽天銀行デビットカードが使えるからです。

ほとんどそれだけの理由でしたが、調べると意外にも、使い道やメリットが多いのです。

期間限定ポイントは使えないようですが、 楽天ポイントがデビット支払いに使えるというのは、個人的にはうれしいですね。

楽天会員なら口座開設の情報入力は、ほぼ不要

楽天銀行の開設はとても楽で、楽天会員なら開設時の情報の入力は、ほぼ不要でした。自動入力されます。

あとは他に

  • 利用用途
  • キャッシュカードのタイプ選択
  • 楽天証券などのサービスを同時に開設するか否か
  • 本人確認の方法

などを入力して完了です。

本人確認も運転免許証、マイナンバーカード(顔写真付き)、パスポートなら配達の際に提示するだけです。

スマホで撮影したり、郵送が不要なのでこの方法にしました。

参考:受取人確認サポートまたは本人限定受取郵便(特定事項伝達型)について(楽天銀行)

無事再開設できた

12/4に申し込み、12/6に口座開設の事務手続き完了メールが届きました。

再開設なので拒否されるかと思いましたが、無事再開設できました。

あとは後日届く「Thank youレター 初期設定ガイド」を本人確認書類を提示して受け取るだけです。

発展性があり、維持費が不要なら無理に解約しないほうがいい

楽天のように色々なサービスを運営していて発展性がある場合、今現在は役に立たなくても、無理に解約する必要はないことを学びました。

そもそも維持にお金がかからないのだから残しておけばよかった

なぜそんなことをしたかというと、当時部屋にあるいらないものを片付けていたからです。

経験者ならわかって頂けると思いますが、色々捨てていくうちにハイになって、その勢いで解約してしまいました。ちょっとどうかしていました。 反省しています。

けれど無事再開設できたのでよかったです。

スポンサーリンク

コメント