【Photopea】写真のホコリを消す方法

写真を撮って、いざSNSやブログにアップしようとして、寸前で気づく。

ホコリがすごい・・・

写真を撮影しなおすのはめんどくさい・・・そのままアップするのも嫌だ・・・。

細かい事を気にしない人なら問題ありませんが、気にしてしまう人は小さなホコリでも大問題。

安心してください。

ホコリ程度の小さな汚れならPhotopeaで簡単に修正できます。

今回の記事では写真に写ったホコリを消す(修正)方法について紹介したいと思います。

ホコリを消すには「スポット修復ブラシツール」

ホコリを消すには「スポット修復ブラシツール」を使います。

説明用の画像として、使用しているノートPCのキーボードを撮りました。(色がネイビーなので白いホコリが映えます)

キーボード ホコリ修正前

今回のために必死になってホコリを溜めました(嘘)

少々見苦しいですが、コチラを使って説明したいと思います。

写真のホコリを消す手順は2ステップ

手順は2ステップです。

  1. 画像を開いた状態で、左メニュー「スポット修復ブラシツール」を選択
    スポット修復ブラシツール
  2. 修正する箇所をクリック(なぞる)
    修正する箇所をクリック(なぞる)

クリック箇所の色が変っていますね。少し待つと周囲になじむように修正されます。(範囲が広いと少し時間がかかます)

先ほどの画像に写っている白いホコリを大雑把に消してみました。

上が修正前で、下が修正後です。

適当にやっても結構綺麗になります。テクニックいらずです。

ホコリの修正ビフォーアフター

作業しにくい時はズームツールで拡大する

小さくて作業しにくい場合は左メニューの「ズームツール」で拡大できます。

ズームツール

ブラシのサイズや形状の変更方法

ブラシのサイズや形状は上部のオプションから変更可能です。

スポット修復ブラシツールのオプション

ヒールセレクション

その隣にある「ヒールセレクション」は通常の方法とは手順が違います。

  1. 事前に選択ツールで範囲の選択をする
    ヒールセレクション使用前
  2. 「スポット修復ブラシツール」→「ヒールセレクション」
    スポット修復ブラシツール→ヒールセレクション
  3. 選択した範囲が修正されました
    ヒールセレクション使用後

今回は楕円選択を用いましたが、選択ツールならどれを使っても問題ないです。

選択する範囲が広いと少々時間がかかりますし、あまりにも広い範囲だと上手く修正できないかもしれません。その場合は小さめの範囲でやり直します。

ホコリ以外に100円玉の文字を消すことも可能

今回はホコリの修正をメインに説明しましたが、100円玉の文字を消すことなんかできます。

スポット修復ブラシツールで100円玉の文字を消した

「スポット修復ブラシツール」を選択→オプションからブラシサイズを大きく→なぞるだけです。(範囲が広いので少し時間がかかりました)

テクニック不要、使い道が豊富な「スポット修復ブラシツール」を是非使って見てください。

スポンサーリンク

コメント