【図解】Pixlr Editorでフォントを追加する方法

Pixlr Editorで自分の好きなフォントを追加して使う方法を図解で説明します。

Pixler Editorで好きなフォントを追加する方法

Pixlr Editorへ追加したいフォントを準備する

まず最初にPixlr Editorで使用したいフォントを用意します。

フォントを準備していない場合は、この記事の説明で使ったフォント(木漏れ日ゴシック)を紹介しておきますので、よろしければどうぞ。

フリーフォントのMODI工場

フォントをインストールする

Pixlr Editorへフォントを追加するためにはPCへフォントをインストールする必要があります。

さきほど紹介した「木漏れ日ゴシック」をダウンロード→解凍すると、内部には「ttf」という拡張子のフォントファイルがあります。

ダブルクリックするとフォントのプレビューが表示されます。上の「インストール」を選択してフォントをインストールします。

インストール

(もしくはフォントファイルを右クリック→インストール)

フォントの上で右クリック→インストール

これでフォントがPC内にインストールされました。

PCを再起動するとPixlr Editorでインストールしたフォントが使用できる

Pixlr Editorへアクセスして、追加したフォントを確認しますが、フォントはありません。

Pixlr Editor 追加したフォントの確認

PCを一度再起動します。

Pixlr Editor 追加したフォントの確認 PC再起動後

再起動後確認するとフォントが追加されています。


追加した木漏れ日ゴシックと既存のメイリオの比較テストです。

追加したフォント「木漏れ日ゴシック」と既存フォント「メイリオ」の比較

フォントを削除する方法

最後に一応追加したフォントの削除方法を説明しておきます。

スタートメニュー→設定(歯車マーク)→

スタートメニュー→歯車の設定マーク

「コントロール パネル」と検索(コントロールとパネルの間はスペースを入れる)→

Windowsの設定「コントロール パネル」で検索

デスクトップのカスタマイズ

コントロールパネル→デスクトップのカスタマイズ

フォント

フォント

表示されたフォント一覧の中から、

削除したいフォントの上で右クリック→削除

削除したいフォントの上で右クリック→削除

「このフォントを完全に削除しますか?」→「はい」

「このフォントを完全に削除しますか?」→「はい」

注意:誤って他のフォントを削除しないように気を付けてください

再起動すると、Pixlr Editorからもフォントが消えています。

もっと簡単にフォントを使いたい場合は「Photopea」がおすすめ

一度追加すれば問題ないですが、インストールや再起動したりPixlr Editorで自前のフォントを使うのは結構面倒です。出先のPCなどでフォントを使いたい場合にも不便だと思いました。

もっと簡単に自分で用意したフォントを使いたい場合はPhotopeaをオススメします。

PhotopeaはPixlr Editorにソックリで、違和感なく使えると思いますし、Pixlr Editorよりも高機能で無料です。

Photopea

日本語入力も可能です。

Photopeaでフォントを追加する方法です。

Photopea使い方のまとめです。

スポンサーリンク

コメント