ダイソー「デジタルカメラ用三脚」はスマホ用三脚として使える

過去に紹介したダイソーの「スマホスタンド 三脚タイプ」のスマホ固定ホルダーを取り付けられる 「デジタルカメラ用三脚」について紹介します。

「スマホスタンド三脚タイプ」との比較もしました。

ダイソー「デジタルカメラ用三脚」の詳細

ダイソー「デジタルカメラ用三脚」

三脚のみの販売です。色はシルバー以外に黒があります。

「スマホスタンド三脚タイプ」のスマホ固定ホルダー が取り付けられる

パッケージにはデジタルカメラ専用と書いてありますが、

デジタルカメラ専用

ダイソーの「スマホスタンド三脚タイプ」のスマホ固定ホルダーを取り付けることが出来ます。

重さ、長さ

重さは30g。

「デジタルカメラ用三脚」重さ30g

全長は足をたたんだ状態で約15㎝。

約15㎝

材質

材質:ABS樹脂、アルミ

材質: ABS樹脂、アルミ

2段階の高さ調節

高さ14cmと20㎝の2段階調節が可能

脚を引き出して高さ2段の調節が可能です。一段使用約14㎝ 二段使用約20㎝

角度も調節できる

首の角度も調節できます。

ネジで固定する

根本がボール状になっていて、自由に調節できます。それを先端のとがったネジで締めて固定します。

「スマホスタンド三脚タイプ」と「デジタルカメラ用三脚」の比較

「スマホスタンド三脚タイプ」と「デジタルカメラ用三脚」を比較します。

重さの比較

まずは持ち運ぶ際に重要な重さの比較です。「デジタルカメラ用三脚」は30gでした。

「スマホスタンド三脚タイプ」の三脚の重さは45g

「スマホスタンド三脚タイプ」の三脚の重さ45g

「スマホスタンド三脚タイプ」 のスマホ固定ホルダーは19g

「スマホスタンド三脚タイプ」スマホ固定ホルダー重さ19g

スマホ固定ホルダーと合計したそれぞれの重さは49gと64gで、デジタルカメラ用三脚+スマホ固定ホルダーの方が軽く、持ち運びに向いています

高さの比較

次は高さ調節の比較です。

最も低い状態、床からネジの根本までそれぞれ約6㎝と約13cm

「スマホスタンド三脚タイプ」と「デジタルカメラ用三脚」の高さの比較 最も低い状態

最も高い状態で約11㎝と約18㎝

「スマホスタンド三脚タイプ」と「デジタルカメラ用三脚」の高さ調節の比較 高

「デジタルカメラ用三脚」 はスマホスタンドには向いていない

「デジタルカメラ用三脚」 当たり前ですが、スマホスタンドとしては向いていません。

カメラのシャッターをタップする程度には問題ないですが、画面の端をタップ、スワイプして横や斜めの力がかかるとバランスを崩して倒れやすいです。

当然「スマホスタンド三脚タイプ」 のほうがスマホスタンドとしての安定感があります

両方買っても216円(税込み)

比較について色々書きましたが「デジタルカメラ用三脚」にはスマホ固定ホルダーがついていません。スマホ用三脚として利用したいのなら「スマホスタンド三脚タイプ」も購入する必要があります。

しかし両方買っても合計216円なのでスマホを利用する人は買っておいても問題ないのではないかと思います。

スポンサーリンク

コメント