【Photopea】レイヤー(図形)を90°、180°で回転する方法

画像(キャンバス全体)を90°、180°で回転させる方法については過去に書きました。

この記事では、レイヤー(図形)を90°、180°で回転する方法について説明します。

画像(キャンバス全体)を回転する方法と今回のレイヤーを回転する方法は、似たような機能にも思えますが使い方が違います。

画像全体を回転する方法との違い

冒頭で少し触れたキャンバス全体の回転と、今回の記事で説明するレイヤーの回転の違いを画像を用いて説明します。

回転前の画像です。

キャンバスは横向きで、レイヤーは縦に3つ並んでいます。

画像(キャンバス全体)回転する方法は全て回転

画像(キャンバス全体)を回転する方法を用いると、全てが回転されます。

画像(キャンバス全体)を回転

レイヤーを回転する方法は、指定のレイヤーのみ回転

レイヤーを回転する方法を使用すると、特定のレイヤーのみ回転できます。

真ん中のレイヤーのみを90°回転させました。

指定したレイヤーのみ回転

回転の違いを説明したので、レイヤーを回転する方法について次で説明します。

レイヤーを回転する方法

  1. 右下のレイヤーメニューから、回転するレイヤーを選択した状態
  2. 上のメニュー「編集」→「変形」→「回転」で任意の角度を選択
レイヤーを選択した状態→編集→変形→回転(任意の角度を選ぶ)

これで任意のレイヤーを回転できます。

レイヤーを複数選択(Shift+クリック)すれば複数のレイヤーも回転可能です。

テキストも回転可能

テキストレイヤーも同様の方法で回転が可能です。

テキストレイヤーも回転可能
スポンサーリンク

コメント