【Photopea】図形の枠線を点線、破線にする

Photopeaで図形を描く際の設定変更をすると、通常の線→点線や破線にすることができます。

点線、破線にすることによって、普通の線には出せない表現が可能になります。

この方法は直線には向かない

基本的には、描画ツール全てにおいて点線、破線の設定が可能です。

  • 矩形
  • 楕円
  • ライン
  • パラメトリック図形
  • カスタムシェイプ

ただ今回の方法では、ラインはあまり綺麗にできないので注意が必要です。

線の幅を調節すれば出来ない事もないですが、ラインに関してはもっと綺麗に出来る方法があるので、また紹介したいと思います。
※10/6書きました→「【Photopea】ペンツールで破線(点線)の直線を描く方法

なので、今回の方法はライン以外の4つを外側の線を点線、破線にするための方法と考えてください。

図形の外側の線を点線、破線にする方法

設定に関してはとても簡単です。

  1. 描画ツールから任意のツールを選択する
  2. 上部オプションから設定変更
  3. 描く

おおざっぱに説明すると、この3ステップです。

では、この方法を用いて、例として赤い破線の四角い図形(矩形)を描きたいと思います。

描画ツールから任意のツールを選択する

左メニューの描画ツールから「矩形」を選択します。

描画ツール

上部オプションから設定変更

描画ツールを選択すると上部にオプションが表示されます。

描画ツールのオプション

このオプションの設定を変更して、今回はこのようにします。

  • 塗りつぶしなし
  • 外枠の線を赤色に
  • 外枠の線の種類を破線に

塗りつぶしなしにする設定

フィルをクリック→塗りつぶしタイプ「なし」にします。

フィル→塗りつぶしタイプ「なし」

外枠の線を赤色に

その隣の「ストローク」→塗りつぶしタイプ「カラー(色)」を選択(今回は赤色なのでそのまま)

ストローク→カラー(色)

外枠の線の種類を破線に

横線のマーク→破線を選択

線の種類を破線に変更する

描く

  • 塗りつぶしなし
  • 外枠の線を赤色に
  • 外枠の線の種類を破線に

という設定が完了したので、あとは描けば完成です。

線の幅を変えたい場合

線の幅を変えたい場合は、数字が書いてある項目で変更が可能です。

線の幅

線の位置、線端の形状、線の角の形状を変えたい場合

  • 線の位置
  • 線端の形状
  • 線の角の形状

を変える場合は、先ほどの線の種類を変えたメニューから可能です。

  • 線の位置を変えたい場合は、一番上「位置」
  • 線の端を丸めたい場合は二段目の「線端」
  • 線の角の形状を変えたい場合は、三段目「角」

応用可能

今回は基本的な方法を紹介しました。

点線の円を描きたいなら、矩形→楕円、線の種類を破線→点線にすれば可能です。

色々と応用できるので、望み通りの物を表現できると思います。

スポンサーリンク

コメント