【Photopea】ブラシを追加する方法

Photopeaは、無料ながら自分で用意した素材を追加することができます。

素材を追加してカスタマイズするのは、 Photopeaを使うのがとても面白くなるので、オススメです。

過去には、フォントパターンを追加する方法について書きました。

今回の記事では、Photopeaでブラシを追加する方法について説明します。

ブラシとは?

ブラシとは、ブラシツールを使用する際に用いる素材の事です。

決まった形しか描くことができない描画ツール(矩形、楕円、ラインなど)とは違い、「ブラシツール」はフリーハンドで自由に描くことができます。

Photopea 「矩形」と「ブラシ」の比較
(画像の矩形やブラシは、全てPhotopea標準の物です)

ブラシを用意する

Photopeaにブラシを追加する前に、ブラシ素材を用意しておきます。

使用したブラシ素材は 「192 Free Ink Brushes for Photoshop」

今回の記事で使用した無料のブラシはこちら。

Download 192 Free Ink Brushes for Photoshop
This free set of Photoshop Brushes includes 192 brushes i...

192個というすさまじいボリューム。

無料、商用フリー

サイトにも「 Terms of use: Free for commercial use 」とあるので商用フリーです。

Tearms of use; Free for commercial use

ダウンロード→解凍後のファイル「ReadMe.txt」にも「They may be used in both personal and commercial projects」という文言があり、商用フリーだと確認できます。

商用利用の場合は、一応確認してください。

ダウンロード方法

ページの真ん中あたりの「download」をクリック。

download

ダウンロード後解凍しておきます。

Photopeaに好きなブラシを追加して使用する方法

ブラシを用意できたので、Photopeaをブラシに追加して使用する方法について説明します。

ブラシを追加する方法

上のメニュー「ファイル」→「開く」→

ファイル→開く

解凍しておいたブラシ素材(.abr)を選択して開く

任意のブラシファイル(.abr)を選択して開く

読み込み中→ブラシが読み込めました。

ブラシ 追加された.

読み込み中にこの画面が表示されたら

Load"Free-Ink-Brushes.abr"also next time you use Photopea?Manage it in Edit - Local Storage.

OKでもキャンセルでも、どちらでも問題ないです。

Photopeaを終了後、次回使用時に再度読み込むのが面倒な場合は「OK」にします。

追加したブラシを使用する方法

左メニュー「ブラシツール」を選択→

ブラシツール

ブラシツール選択後に、メニューバーの下に表示されるブラシオプション→

ブラシのオプション

追加素材は、既存の素材の下に追加されます。

追加されたブラシのリスト

追加したブラシを使ってみる

無事にブラシを追加できたので、試しに使います。

黒い背景に、それぞれ色を変えた異なる横長のブラシで描きました。

Photopea 追加したブラシで描いた例

めっちゃいいのできた・・・。

ブラシを使えばデザインの知識、センスがなくてもワンランク上の仕上がりに

当方デザインの知識は0で、センスもなし。

けれどブラシを使用したことによって、ワンランク上の仕上がりになりました。

今回紹介したブラシ以外にも、まだまだ面白そうな無料のブラシ素材があったので、いい物があれば、また紹介したいと思います。

スポンサーリンク

コメント