ダイソーの読書台を持ち運ぶ時にオススメのケースは?

ダイソーで人気の読書台。

本だけでなく、タブレットスタンドとしても使えるのでとても便利です。

折りたためるので図書館やカフェなどで勉強する時にノートや参考書を立てて使うこともできます。

折りたたんだサイズは約25.5×23㎝で重さは約183gで、鞄に入れて持ち運べるサイズです。(詳細は「ダイソーの読書台は、まだ売ってる! 売り場は〇〇コーナー!」 )

しかし、折りたたんで鞄に入れるには、折りたたみ部分など収まりが悪い感じがします。

ケースに入れると鞄の中で収まりが良くなるので、読書台を持ち運ぶ時は是非ケースに入れることをお勧めしたいです。

では、どんなケースを選べばいいのでしょう?

読書台にピッタリのケースがダイソーで売っているので、その詳細を紹介します。

読書台にピッタリのケースは「クッションケース A4」

ダイソーで入手可能な読書代のケースは「クッションケースA4」です。文房具コーナーのメッシュケースなどの棚に置いてあります。

ちなみにA4ノートPCケースとしても代用可能です。

クッションケースに読書台を入れてみる

実際にダイソーの読書台を入れてみました。縦はピッタリ、横は5㎝ほどの余裕があります。

読書台とクッションケースの重さの合計

226g

クッションケースと合わせても約226gなので、重さも問題ありません。

ノートを入れてみる

ノートを3冊入れる

追加でノートを3冊入れてみます。

読書台+ノート3冊を入れた時の様子

ファスナーも余裕で締まります。まだまだ余裕です。

本を入れてみる

本を入れる

次はノートを取り出して、厚さ2.2㎝の本を一冊入れてみます。

読書台+本を入れた時の様子

問題なく締まりました。もう少し大きい本でもいけそうですね。

まとめ:クッションケースは色々使える

ダイソーの読書台は折りたためますが、いまいち持ち運びにくい感じがしていました。しかし、クッションケースに入れれば、そんな不便も解消できます。

クッションケースに収納すれば、読書台の折り畳み部分が動いたり、鞄の中で引っかかりが無くなり、破損の可能性も減ります。

万が一読書台ケースとして使うことが無くても、A4ノートPCのケースやその他に色々なものにも使用可能なオススメ商品です。

スポンサーリンク

コメント