代用コーヒーはコーヒーの代わりになる?コーヒー好きにはおすすめしません

コーヒーが好きで食後のコーヒーが楽しみだけど・・・飲めない。

コーヒーは特に栄養が豊富な訳でもないし、飲まなくても問題はないとわかっているのだけど・・・我慢しないといけないやむを得ない事情がある・・・。

大好きな物を我慢しないといけないのは、とても辛い事です。

コーヒーの代わりとして、大麦やチコリなどから作られた代用コーヒー(穀物コーヒーとも呼ばれる)というものがあり、興味があるという方も多いのではないでしょうか。

少し前に、アメリカの通販サイトiherbにてCafixとperoという2種類の代用コーヒーを購入しました。過去には、インスタントチコリコーヒーも試しているので、合計3種類の代用コーヒーを試しました。

それら3種類を飲んだ経験から、「代用コーヒーは、コーヒーの代わりになるの?」といった疑問について、お答えしたいと思います。

代用コーヒーがコーヒーの代わりにならない3つの理由

cafixとpero

結論から言うと、代用コーヒーはコーヒーの代わりにはなりません。

それらの理由を3つ紹介したいと思います。

コーヒーのような強い苦みがない

コーヒーの特徴と言えば強い苦みです。そして、苦みの中にビターなチョコレートのような甘さや、花のような香りが感じられる物もあります。

代用コーヒーも一応は苦みがありますが、コーヒーほど強くはありませんし、豊かな味わいもなく、さっぱりした薄い苦みです。

香りも薄い

香りもまたコーヒーの魅力です。代用コーヒーにも香りはあるのですが、コーヒーのような香ばしさ、嗅いだ瞬間にテンションの上がる感じはありません。

口あたりがさっぱりしている

コーヒーには油分が含まれています。それによってコクがでたり、口あたりがまろやかな感じになります。

代用コーヒーは、口当たりがさっぱりしているので、物足りなさを感じます。

濃い目に作っても、そこまで変わらない

これら3つの理由から、代用コーヒーはコーヒーの代わりにはなりません。

試しに濃い目に作ってみましたが、コーヒーのような強い苦みやコクなどは当然出ませんでした。

インスタントコーヒーはティースプーン一杯で十分ですが、代用コーヒーは2、3杯と濃い目に作ったからといってコーヒーにはなりません(それにコスパも悪い)

例えるなら、豆腐の量を二倍にして豆腐ハンバーグを作っても、肉汁滴るジューシーなハンバーグにはならないといった感じでしょうか。

コーヒー好きは迷わずカフェインレスコーヒーを選ぼう

もちろん代用コーヒーを飲むなと言うことではありません。

パンチはありませんが、優しい味わいですし、慣れるとこれはこれでよい物です。カフェオレにしても美味しいです。

しかし、コーヒーを飲むと、苦み、香り、コクなどなど、どれも足元に及びません。やっぱりコーヒーは美味しい、美味しすぎます。

代用コーヒーも悪くはないのですが、どちらが好きか?と言うと、圧倒的にコーヒーと言わざるを得ません。

気になるという方は一度試してみても問題ないのですが「コーヒーが飲みたくてたまらない!」と言う方が、コーヒーの代用品としてこれらを選ぶのは絶対におすすめしません。3種類の代用コーヒーを飲んだ結果、心底そう感じました。

コーヒー好きの方は寄り道せずに、最初からカフェインレスコーヒーがおすすめです。

スポンサーリンク

コメント