【Photopea】文字をパターン(模様)で塗りつぶす方法

Photopeaでは、通常の単色塗りつぶし以外にも模様(パターン)による塗りつぶしがあり、背景だけでなく、文字や図形なども模様で塗りつぶす事ができます。

パターンで文字を塗りつぶす事は、背景の塗りつぶしに比べると使うことが圧倒的に少ないです。(個人的には)

しかし、出来ることが増えると楽しくなります。とても簡単に出来るので覚えておいて損はないです。

今回の記事は、文字(テキスト)をパターンで塗りつぶす方法について紹介します。

パターンとは

冒頭にも書きましたが、パターンとは模様の事です。

パターンについての詳細や好きなパターンを読み込む方法はこちらが参考になります。

パターンで文字を塗りつぶす方法

文字をパターン塗りつぶし方法の手順は2つです。

  1. 文字を入力する
  2. 入力した文字をパターンオーバーレイする

テキスト入力をする

まずは、テキスト入力をします。

左のテキストツールを選択

キャンバス内に文字を入力します。

入力したテキストをパターンオーバーレイする

わかりやすくするために塗りつぶしと書いていますが、実際はパターンオーバーレイという方法を用います。

右のレイヤーメニュー→テキストレイヤーの上で右クリック→「ブレンドオプション」

レイヤーの上で右クリック→ブレンドオプション

レイヤースタイルの中から「パターンオーバーレイ」にチェックを入れる

パターンオーバーレイにチェックを入れる→設定を変更→OK

パターンオーバーレイの項目では、好きなパターンへ変更したり、スケールの変更が可能です。一通り設定が出来たら「OK」

解除したい場合はブレンドオプション→パターンオーバーレイのチェックを外でば解除できます。

使いどころが難しい

文字は、背景や図形と違って面積が小さいのでパターンで塗りつぶしても、わかりにくいのが難点です。

使いどころが中々難しいですが、覚えておけばいつか役に立つと思います。多分。

スポンサーリンク

コメント