【Photopea】画像の傾きをなくし、水平に補正する方法

「良い写真が撮れた!」

けれど、よく見ると違和感・・・。

画像が少し傾いている・・・。

そういうときは、Photopeaの「ルーラ」ツールを使えば、傾いた画像を水平に補正できます。

水平に角度補正ッ!!!」というと、難しく聞こえてしまいますが、とても簡単です。

Photopeaで水平に角度を補正する方法

例として、こちらの画像を水平に補正したいと思います。

ネスカフエ エクセラ(スティック)

傾いてますね~。最近飲んだスティックコーヒーのレビュー用に撮影した画像です。

おしゃれ感(?)を出すために、あえて傾けて撮りました。

手順はざっくり2ステップ

  1. 角度を補正したい画像を開く
  2. 「ルーラ」ツールで角度を補正する

本当にざっくりすぎました・・・。

次の項目で、手順2を詳しく説明します。

角度補正の方法を詳しく説明

角度補正に使うツールは「ルーラ」ツール、これだけです。

ルーラ

「ルーラ」ツールは、「スポイト」アイコンの上

  • 左クリック(少し長押し)
  • もしくは、右クリック

で表示されるリスト(上の画像)の中から選択できます。

参考:【Photopea】ツールリストの表示方法が変更。変更点や新しい方法などを紹介

角度補正の手順

いよいよ角度補正の詳細な手順です。

  1. ルーラ」ツールを選択
    ルーラ
  2. 画像の傾きに合わせてドラッグ&ドロップして基準線を表示する(両端が四角の線)
    角度補正の基準線
  3. 「ルーラ」選択後に表示される、上部のオプション「レイヤー角度補正」をクリック
    レイヤー角度補正
  4. 線を基準に角度が水平に補正される
    水平に補正

自動補正なのでとても簡単です。あとは状況に応じて余分な箇所を切り取ったりします。

今回例として用いた画像があまりよくなかったかもしれません。

少し寄って撮影した画像だったので四隅が消えました。すべての画像がこうなるわけではありません

ドラッグする方向によって補正結果が変わる

補正するための基準線を選択する際、ドラッグする方向によって補正の結果が変わります

  • 左から右へ選択:下を基準に水平補正(さきほどの画像)
    水平に補正
  • 右から左へ選択:上を基準に水平補正(逆さ)
    基準線を右から左へドラッグする:上を基準に逆さになる

基準線の移動や修正方法など

基準線は、移動や修正が可能です。

基準線の移動

まずは移動。

両端の四角と四角の間の線の部分をドラッグすれば移動可能です。

線とズレた位置をドラッグしてしまうと、基準線が消え、新しい基準線が表示されてしまうので注意が必要です。

基準線の角度や長さの修正

基準線の角度や長さを修正するときは、両端の四角をドラッグすれば可能です。

注意点は移動の場合と同様です。

スポンサーリンク

コメント