ダイソー「フォトジェニックシート」を使うと、面倒な撮影が楽しくなる

SNSやブログにアップする写真を撮影することはありませんか?

カメラアプリを使い、良い写真を撮りました。

そして編集し、さらに素晴らしい写真に仕上げました。

「何か気になる・・・惜しい気がする・・・」

生活感のある背景はアプリやソフトではどうすることも出来ません。

何かいいものは無いかなと調べても、割高だったり、これといって良い物がない・・・。

そんな経験はありませんか?

そこで今回の記事では、写真撮影の背景に使えるダイソーのフォトジェニックシートについて紹介したいと思います。

フォトジェニックシートはベーシックとピンクの2種類がありますが、ベーシックを紹介します。

スポンサーリンク

ダイソー「フォトジェニックシート ベーシック」の詳細

ダイソー フォトジェニックシート ベーシック
  • 名前:「フォトジェニックシート ベーシック」
  • 場所:「写真コーナー(額縁やフォトスタンドが置いてある)」
  • 価格:100円(税抜き)
  • シート:4枚(両面絵柄)
  • カード:4枚
  • 材質:紙
  • 大きさ:約21㎝×30㎝

合計8種類の柄なので飽きない

4枚で両面8種類あるので、ワンパターンになりません。

4枚入り(両面で8種類)

アクセントとして使えるカード付です。

カード4枚付

紙なので注意

材質が厚めの紙です。

折り曲げや水濡れを防止するために、クリアファイルのようなものに入れて保管するといいでしょう。

フォトジェニックシートを使って写真撮影

使い方は簡単です。

  1. 平らな場所にシートを敷いて
  2. 撮影したい物をを置き
  3. 影が入らないように撮影

とりあえず、身近にあるスティックコーヒーを撮影しました。

適当なところに置いて撮影するより、こういうシートを使って撮影したほうがテンションが上がりますね。

フォトジェニックシートを使って撮影
外国の新聞風
大理石風

たったこれ一枚敷いて撮影しただけなのに、いつもより良い感じに撮れました。

ブログにアップする時の写真撮影は今まで面倒でしたが、このシートを使って撮影している時は正直面白かったです。

これからも使っていこうと思いました。

年齢や性別を選ばないベーシックがおすすめ

今回紹介したベーシックは、年齢や性別を問わず使える柄が多いので、こちらがとりあえずおすすめです。

もう一種類のピンクは、色や柄が可愛すぎるので人を選ぶと思います。

ブログやSNSにアップする写真撮影用の背景にお悩みの方は、是非参考にしてみてください。とても面白いですよ。

スポンサーリンク

コメント