「スマホは高い」と思う人に「UMIDIGI A3 PRO」4か月使用レビュー

スマホはとても便利なものです。

ネットに繋がったスマホが一つあれば・・・

  • 天気予報やニュース
  • ネット通販で買い物
  • 電話、ラインなど連絡手段
  • ネットバンキングで振り込み
  • 調べもの
  • 読書
  • 音楽を聴く
  • ゲームなどで暇つぶし

などなど、なんでも出来てしまいます。現代における必需品と言っても過言ではないでしょう。

しかし、スマホ本体は高い

便利だから仕方がない・・・

そう思っている人も沢山いると思います。自分もずっとスマホ=高額だと思い込んでいました。

今年の6月の始めごろにUMIDIGIのA3 PROというスマホを購入しました。UMIDIGI A3シリーズは、Amazonのスマホランキングの上位に君臨する激安スマホです。

UMIDIGI A3 PRO (32GB)を4か月ほど使ったので、レビューしたいと思います。

結論から言うと毎日使用しても、問題なく使えているので満足しています。

スマホ本体が高いと思う人の参考になれば幸いです。

A3 PROのRAMは3GB この値段で3GBは中々無い

過去のスマホがRAM2GBで動作が遅く、次は3GB以上にしようと考えていました。

調べてみても、一万円ほどで買えるRAM3GBのスマホは中々ありませんでした

他に一万円ほどで買えたRAM3GBスマホは・・・

  • レビューがほとんどないスマホ
  • 日本語のおかしなサクラレビュー満載の怪しいスマホ

などで、一万円と言えどそのような物を買う気にはなれませんでした。

その点A3 PROはレビューも豊富で、調べてみるとネットの情報も沢山あったので、納得して購入することができました。

A3PROがRAM3GBです。A3はRAM2GBなので注意!

ストレージ容量32GBを選んで良かった

容量は32GBで、4か月ほどでストレージ容量の42%(約13GB)ほど使用しています。

UMIDIGI A3 PRO(32GB)3~4か月目の使用容量 13.32GB(42%使用)

最初は16GBと迷いましたが32GBにして良かったです。

A3 PRO(32GB)のバッテリー持ち 普通に使う分には問題なし

電池容量は3300mAhです。

A3 PROより6000円ほど高い「ASUSのZenfone Live (L1)」が3000Ahなので、価格の割には電池容量多めです。

初期設定のままだと確かに電池消費が早い

初期設定のままだとAmazonレビューにも書かれているように、電池消費が早いというのは、確かにその通りだと思いました。

そこで設定を変更した所、電池持ちが少し良くなりました

  • 画面の明るさ暗め(必要に応じて明るく)
  • アプリの不要な通知、バックグラウンド通信をoff
  • 使っていないアプリは強制停止
  • ホーム画面の不要なウィジェット、アプリのショートカットは最小限に
  • スマホ操作時の音やバイブを全てoff

ネットサーフィンなど普通の使い方なら、特に問題は感じないです。設定変更前よりマシになりましたが、ゲームプレイ時はどうしても消費が少し早いです。

カメラは期待しないほうがいい

カメラに関しては、値段が値段なので期待しないほうがいいです。

純正のカメラアプリを使うよりも、他のカメラアプリを使ったほうがいいです。

A3 PROは重いけど高級感がある

背面ガラスなので重量がありますが、この背面ガラスのおかげで値段を感じさせない高級感、重厚感が出ています。(実物はもう少し色が濃いです)

UMIDIGI A3 PRO(ゴールド)の背面

安っぽさはあまり感じません。個人的には気に入っています。

他の色はグレーがあります。

現代でスマホは必需品なのに高すぎません?

最初は性能面など不安だったのですが、実際使用してみてまったく問題がありませんでした。

1万円ほどでこれだけのものが買えてしまいます。

スマホ=高額というイメージが今まで強かったのですが、そのイメージは見事に打破されました。

天気予報、ニュース、連絡手段、買い物など・・・スマホが無い生活はもう考えられないと思います。

よく考えると現代におけるスマホは必需品に近いのようなものなのに、やたら高額な事がおかしいですよね。

iPhoneは、高級ブランドなので10万円でも何も問題ありません。

しかし、アンドロイドスマホは実用品(日用品)のような物。1万円のもので全然問題ないと思います。

UMIDIGI A3 PROは、こんな人にオススメ

このスマホは用途を選ぶと思います。

なので、最後にどんな人にオススメかをまとめます。

こんな人におすすめです
  • スマホをあまり使わない人(ライトユーザー、高齢の両親の初スマホに)
  • 高額なメインスマホ(iPhone)の消耗を抑えたい(サブとして)
  • 過去に高価なスマホを紛失、破損して泣いた人
  • スマホにお金をかけたくない人(他に欲しいものがある)
  • 子供用(安いので、乱暴に使ってもOK)

1万円で買えるから気持ちが楽になる

スマホが1万円で買えて一番良かったことは「気が楽になった」ことです。

値段が安いし1年使えればいいかな~

そんな風に気楽に考えられるようになりました。

もし落としたり、壊したりしても高額なスマホに比べて、ダメージが圧倒的に少ないからです。

高いスマホを何年も使うより、安いスマホを1年ごとに買い替える

もしも一年で壊れても、一年後には同価格でさらに高性能なものが買えるはずです。

三年前に最先端のスマホでも、三年経てば色々劣化し、性能も新しいものに比べると劣ります。

高額なスマホを数年使うよりも、安価なスマホを一年で買い替える方が、常に新しく性能のいいものを使えます

スマホにこだわりがあるなら高価な物で問題ありませんが、特にこだわりが無い場合はUMIDIGI A3 PROを検討してみてはいかがでしょうか?

Amazonで
UMIDIGI A3 PROのレビューを見る

スポンサーリンク

コメント