【Photopea】三角形と多角形の描き方

Photopeaで三角形と多角形を描く方法を図解で説明します。

▲Photopea三角形(と多角形)の描き方▲

左のメニューの描画ツール「パラメトリック図形」を選択→

「パラメトリック図形」

「パラメトリック図形」選択後、上部に表示されるオプション「ポリゴン」を選択「サイド」の数値を「3」と入力

「ポリゴン」を選択→サイドに「3」と入力

キャンバスでドラッグして、三角形を描きます。

Shiftを押しながら描く

頂点が上を向いた三角形にしたいなら、描く時に「Shift」を押しながら、マウスを動かして任意の角度に調節します。

三角形の大きさを指定する

フリーハンドではなく、決められた大きさで描きたい場合、キャンバスをダブルクリックして表示された「新規:パラメトリック図形」ウインドウに数値を入力します。

多角形の場合

多角形の描き方は三角形とほぼ同じです。

  1. 「パラメトリック図形」選択→
  2. 表示される上部オプションの「ポリゴン」を選択し、「サイド」に任意の数値を入力します。
  3. 描く

三角形を使ってみる

三角形はあまり使いませんが、やはり三角形じゃないと駄目な場合もあります。

実は、この記事の説明画像の中にも三角形が使われています。

2枚目の画像「ポリゴンを~」という吹き出しは長方形と三角形を組み合わせて作りました。この矢印として使う方法は、三角でないと無理です。


ほかにも三角形と楕円を組み合わせれば・・・

こんな感じで、某秘密結社の「プロビデンスの目」が描けます。

・・・ほとんど使わないですね。

信じるか信じないかはあなた次第

最後の説明は蛇足かもしれませんが、三角形は組み合わせやアイデア次第で色々使えます。

是非アイデア、創造力の赴くままに使ってみてください。

信じるか信じないかはあなた次第です!(←一度やってみたかった)

スポンサーリンク

コメント