【Photopea】カスタムシェイプの使い方

Photopeaには「カスタムシェイプ」というツールがあります。

カスタムシェイプとは、アイコンなどの複雑な図形を簡単に描画できるツールです。

この記事で紹介する方法
  • カスタムシェイプの使い方
  • cshファイルを読み込む方法

カスタムシェイプの使い方

カスタムシェイプの基本的な使い方を、Photopea標準の形状を使って説明します。

手順
  1. 「カスタムシェイプ」を選択
  2. オプションの「形状」から形を選ぶ
  3. 描く

①カスタムシェイプを選択

カスタムシェイプ

まずは左のメニューから「カスタムシェイプ」を選択します。

②オプションの「形状」から形を選ぶ

カスタムシェイプのオプション「形状」

カスタムシェイプのオプション「形状」→


「形状」のリストから任意の物を選ぶ

表示されたリストから選択します。色々な種類があるので好きな物を選んでみてください。

③描く

ドラッグして描きます。この時Shiftを押しながら描くと、縦横の比率を変えず綺麗な形で描けます

自分で用意したcshファイルを使う

次に自分で用意したcshファイルを使う方法について説明します。(cshファイルは、読み込ませるとカスタムシェイプとして利用できる形状を収めた(?)ファイル形式のことです。)

手順
  1. cshファイルを読み込む
  2. 「カスタムシェイプ」を選択
  3. オプションの「形状」から形を選ぶ
  4. 描く

基本は同じで、事前にcshファイルを読み込むだけです。

①cshファイルを読み込む

ファイル→開くから、任意のcshファイルを開きます。

ファイル→開く

メッセージが表示された場合

Load ”吹き出し1.csh”also next time you use Photopea? Manage it in Edit - Local Storage.

読み込み後にこのようなメッセージが表示されるかもしれません。

どちらを選んでも問題ないです。OKを押すと次回使用時に再度読み込む必要がなくなるので面倒な場合はOKにします。

②「カスタムシェイプ」を選択

カスタムシェイプ

左のメニューから「カスタムシェイプ」を選択

③オプションの「形状」から形を選ぶ

追加した素材は形状リストの一番下に表示される

「形状」から読み込んだ形を選択します。(リストの一番下にある)

④描く

ドラッグ&ドロップで描きます。(Shiftを押しながらの操作も同様)

まとめ:カスタムシェイプは面白い

カスタムシェイプを使うと幅が広がります。(効率もアップ)

Photopea標準のカスタムシェイプでも結構な種類があり、さらに加えてネット上にある無料のcshファイルをダウンロード→読み込みをすれば、自分の用途にあった形状が使用できるようになります。

さらにさらにもっと面白いのが、Photopeaでカスタムシェイプを自作出来ることです。今回の記事中で読み込ませた、吹き出しのcshファイルは自作したものです。

カスタムシェイプの自作方法や吹き出しの作り方に関する記事は、また書きたいと思います。

スポンサーリンク

コメント